ALL MITSUBISHI GOLF TOUNAMENT

全三菱運動文化大会競技規則


1.適用ルール                         
(1)JGA規則、全三菱運動文化大会ゴルフ部大会競技規則並びに開催コース
   のローカルルールに依る。
(2)競技規則が開催コースのローカルルールに反する事項は競技規則を優先
   する。
(3)臨時ローカルルールは、当日クラブハウス並びにスタートに掲示する。

2.競技規則
(1)18ホール、スクラッチストロークプレーとする。
(2)スターターの点呼の時に、本人と確認を出来ない者、並びにスタート準備の
   完了していない者は失格とする。交通渋滞やクラブバスの遅延等の理由如
   何にかかわらず失格とする。
(3)前進4打のローカルルールは適用しない。
(4)全てのパー3のホールでは、後続の組がティーグランドに来ている場合は
   原則として後続組にティーショットを打たせる。但し、次ホールの
   ティーグランドが空いている場合は状況判断次第で打たせなくてもよい。
(5)男子は競技ティー、女子は白ティーを使用する。
(6)昼食を取ることは認める。但し、昼食後のスタート時刻に遅れた者は、
   そのホール2罰打を科す。
(7)ホールアウトしたばかりのグリーンやその周辺での練習をしてはならない。
   但し、9ホール終了後の練習グリーンでのパター練習は認める。
   違反は2罰打。
(8)通常のプレー中にパターが損傷した時は、グリーン上でパター以外のクラブ
   の使用を認める。また、通常プレー中の損傷であるので、ハーフターン時に
   売店で新たなパターを購入する等による交換も認める。
(9)日没・悪天候・雷等で全員が18ホールをプレーできない時は競技委員長に
   判断を一任する。
(10) カジュアルウォーターの判定はマーカーまたは同伴競技者の立会で行われ
   なければならない。違反は2罰打。アンダーリペアの表示は、白線および
   青杭をもって表示させる。
(11) 遅延プレーについて
   ラウンド時間は2時間15分を目処にする。競技員は、前の組との間隔が
   1ホール完全に空いている場合等、遅延プレーと見なされる場合は、事前
   促す。その後も改善が見られない場合は、その事情を確認した上で、その
   その組全員に2打のペナルティーを科す。
   競技委員は、スコアカード提出時、108打以上の選手に対し、イエロー
   カードを提示するものとする。
(12) 全ホールにおいてカートに乗車しても差し支えない。
(13) 服装については、開催コースのドレスコードに従い、ゴルフに相応しい服装
   並びに着用方法でなければならない。半ズボンの場合はハイソックス推奨、
   少なくともくるぶしまでのソックスを着用する。
   男子は襟無し、袖無しシャツ、ジーンズの着用は認めない。万一、上記に違
   反した場合は、着替えを命じる。従わない場合は失格とする。
(14) コース内に於いては携帯電話の使用を禁止する。もし持ち込む場合は電源を
   切らなければならない。違反者は失格とする。通話はコースの規定する場所
   のみ可とする。
(15) 本競技において、距離計測器の使用は認めない。計測器を使用した場合は
   JGA規則14-3に基づき競技失格とする。また、不適合クラブ及びボール
   については、JGA規則14-3にて、持ち込んだ場合は、1ホールに付き2
   打罰、最高4打罰。使用した場合は失格とする。
(16) 雷警報が発令されたら、即座にプレーを中断し、解除の通報があるまで、
   プレーをしてはならない。
(17) グリーン乾燥用の扇風機は、動かせない障害物とする。
(18) ワンボール条件は設定しない。
(19)表彰  
     男子団体戦 上位3チーム
     男子個人戦 上位3名
     男子新人賞 上位1名
     シニア賞  上位1名(対象:50歳以上※5月1日時点)
     女子団体戦 上位3チーム
     女子個人戦 上位3名
     女子新人賞 上位1名   
(20)順位の決定
    ・男子団体戦は、上位4名の合計打数の少ないチームをもって
      順位を決定する。
    ・女子団体戦は、2名の合計打数の少ないチームをもって順位決定する。
    ・同点の場合の順位の決定方法は
   イ) 団体戦は
     (a)5番目プレーヤーのスコアが少ないチームを上位とする。
       5番目プレーヤーが同スコアの場合は6番目プレーヤーの
       スコアにて決定する。また、その比較する該当者がいない
       場合はそのチームの負けとする。それでも全く同じ場合は
       各社ベストスコアで最小のスコアにて決定する。
     (b)4位以下は同順位とする。
   ロ)個人戦
     (a)優勝から3位まではマッチングスコアカード方式とする。
       (同順位の場合は、10番~18番のスコアで決定。
        同ストロークの場合は13番~18番、16番~18番の
        順番で決定。それでも同ストロークの場合は、18番からの
        カウントバック方式とする)
     (b)4位以下は同順位とする。  
(21)本大会の競技委員長は「副理事長」とし、競技委員は腕章を付けたものとする。
                                                      以上

全三菱ゴルフクラブ規約

第一条 (名称)
本会は全三菱ゴルフクラブと称する。

第二条 (目的)
会員のゴルフ技術の向上と健康増進、並びに質実剛健の気風を養い、
相互の親睦を図ることを目的とする。

第三条 (事業)
本大会は前条の目的達成のため、次の事業を行う。
一、全三菱運動文化大会ゴルフ部大会(全三菱ゴルフ大会)の開催。
二、その他本会の目的達成のために必要な事業。
三、全三菱シニアゴルフ大会の側面支援。

第四条 (会員)
本会の会員は次の通りとする。
一、三菱金曜会会員会社の役員及び社員。
二、全三菱運動文化大会参加会社の役員及び社員。

第五条 (事業年度)
本会の事業年度は、一月一日から十二月三十一日迄とする。

第六条 (組織)
本会の組織は以下の通りとする。

             会長
              |
             理事会 ― 顧問
              |
            幹事会社
              |
           キャプテン会議
              |
            会員会社

第七条 (組織、役員)
一、 会長を一名置くことができる。
二、十二名以内の理事を置く。
三、理事長、副理事長を置く。
四、顧問を置くことができる。
五、二名以内の監事を置く。
六、大会参加会社のキャプテンは、会社を代表する。

第八条 (理事会)
一、本会は最高決議機関として理事会を置く。理事会は、本会の目的遂行の
責任を負い、理事人事、その他役員人事、幹事会社選任、事業計画、大会運
営、収支、監査、その他の重要事項を立案、審議し、議決する。
二、理事会は、理事長が招集し、原則として、年二回、二月と九月に開催する。
三、必要に応じ、臨時理事会を開催することができる。
四、理事会の議長は、理事長が務める。
五、理事会の決議は、理事の二分の一以上が出席し、出席者の過半数を
もって決する。
六、理事は、総務、競技、運営、会計、広報等を分担する。
七、監事は、理事会に出席し、理事の業務執行および会計状況を監査する。
八、顧問は、要請があれば理事会に出席し、意見を述べることができる。
九、理事会は、議事と結果を記載した議事録を作成し、議長および監事が
署名しなければならない。

第九条 (選任、任期)
一、理事は、理事会が選任する。なお、理事会から要請があれば、会員会社
は候補者を推薦することができる。
二、理事会は、会長、理事、監事、顧問を選任することができる。
三、理事長、副理事長は、理事の互選とする。
四、理事会は、当年度幹事会社の代表者一名を運営担当理事に任命する。
運営担当理事任期は、運営担当一年及び副担当一年、計二年とし、次の
輪番会社へ引継ぐ。
五、理事、監事の任期は二年とする。但し、再任を妨げない。
期中交代者の任期は、前任者の残余期間とする。年初の理事会で
理事会名簿を作成する。

第十条 (幹事会社)
一、幹事会社は、会員リスト(別途)に基づく輪番制(休会中の会社を除く)
とし、理事会が、個別の事情を確認して任命する。
二、運営担当理事は、幹事会社を指導して、大会運営を行う。
三、幹事会社は、理事会及び運営担当理事と協力して、責任を持って
大会運営を遂行する。
四、幹事会社の任期は一年とする。

第十一条(キャプテン会議)
一、キャプテン会議には、運営担当理事が、参加会社キャプテンを招集する。
二、キャプテン会議にて、大会の円滑な運営を図るために、大会情報を
周知させると共に、会員の幅広い意見を大会運営および理事会に反映
させることを目的とする。
三、キャプテンは、所属会社を代表する。
四、運営担当理事が、議長となる。
五、原則として、毎年一回、四月に開催する。

第十一条 (改廃)
本規約の改廃は理事会の決議による。