全三菱ゴルフ大会40周年記念

40周年記念ページ(編集中)

全三菱ゴルフ大会 40周年を迎えて

会長 衣川 潤

40周年おめでとうございます!過去から現在に至るまでの全ての関係者の方々に心よりお祝い申し上げます。本大会の会長を2017年度より務めさせていただいておりますが、私自身も20周年から30周年頃にかけて選手として本大会には参加させて頂いたこともあり、特別な思いがあります。30周年時に配布された記念のネームタグを見ながら、当時を懐かしく思い出しました。
本大会は言うまでもなく、ゴルフというスポーツを通じて三菱グループ内各社の社員が年齢、性別、役職を超えてかなりの人数規模の母集団を持ちながら交流できる非常に貴重な場であります。同じ三菱グループといっても各社との横のつながりは限定的な中でゴルフというスポーツを通じて、お互いが切磋琢磨しつつ、三菱グループ員であることの意識を共有し、人的繋がりの輪を広めて頂ければと思います。三菱らしい品格をもち、マナーエチケットに厳しい集団としてこれからも大いに発展して頂くことを祈念しております。
UNQTE


新体制でのスタート

理事長 村瀬 雅宣

今年の夏の企業対抗団体戦で、本ゴルフ大会も創立40周年を迎える記念大会となります。1979年の第一回記念大会は、故峰岸氏のご尽力と金曜会・養和会のご支援により実施され、記念すべき素晴らしい大会が栃木県大日向CCで開催されたと先輩諸兄からお聞きしております。その後、長竹CCや湘南CCのご支援とご協力を得て、企業対抗の団体戦に加え、個人戦も実施することで、年間累計45社250人を超え、毎回熱戦を繰り広げております。ひとえに、金曜会所属の加盟企業やゴルフ場関係者からのご支援はもとより理事各位の献身なボランティア活動に支えられており、この場を借りて、お礼と感謝を心からお伝えしたいと思います。
4代目の理事長になりました昨年から、若手や女性の参加推進、スロープレー対策、マナー向上策、シニア層の活性化策、個人戦の盛り上げ、READY GOLFの採用などに昨年から取り組んでいますが、2019年からのルールの近代化にも積極的に対応することで、大会のグローバル化にも取り組んでまいる所存です。 
 
新たな一歩

副理事長 競技委員長 橋本友希

昨年から副理事長として競技委員長を務めさせていただいています。ゴルフクラブを初めて手にしてからほぼ半世紀、ゴルフルールの大改訂は2度目の経験となります。2019年からの新ルールは、・・・。